UUUM攻殻機動隊(エンジニアブログ)

UUUMのエンジニアによる技術ブログです

Promise入門しました

はじめまして

はじめまして!先月よりUUUMに入社した新米エンジニアの赤根谷です。 会社に入るまでPromiseやasync, awaitについてほとんど触っていなかったのですが、会社で必要になったのでこの度勉強しました(既存のプロジェクトにたくさん使われていました)。

Promise、async, awaitについて学んだことを社内の勉強会で共有したので、今回はそのうちのPromise部分についてブログにまとめようと思います。

続きを読む

Firebase の Authentication と Realtime Database を使って Vue.js でチャットアプリを作りました

f:id:c5meg1012:20180618114954p:plain

こんにちは!エンジニア(仮)のめるです。
今回は社内勉強会にて、表題のテーマで発表したのでブログに書きたいと思います。

続きを読む

「超速! Webページ速度改善ガイド」の泉水さんをお招きして社内勉強会を行いました

こんにちは! エンジニア(仮)の、めるです!
先日のCodeGridイベントでお話させていただいた1000chさんこと泉水翔吾さんを、なんと今回、社内にお招きしてしまいました✨パフパフ🎺

現在弊社では、毎週金曜日にみんなで技術書を読む輪講会というものを行なっており、フロントエンドとサーバーサイドで1冊ずつ選んで並行して読んでいます。
ちょうど「超速! Webページ速度改善ガイド」(以下、超速本)を読み始めたタイミングで、著者の泉水さんとお会いすることができたので、せっかくなら直接解説してもらおう!という話になりました。

続きを読む

HUGOをプロダクションに使ったりNetlifyに入門したりしました

こんにちは、自称Webエンジニアのナカハシです。

最近イベント用のサイトをHUGOで構築しました。

その際感じたHUGOに関するあれこれと、最近(?)話題のNetlifyをHUGOで利用してみた感想を書いてみたいと思います。

続きを読む

CodeGrid 6周年記念パーティーに参加してきました!

エンジニアの、めるです!
初めてのUUUMエンジニアブログです、よろしくお願いします!😊

表題の通り、5/11(金)に青山で 「CodeGrid 6周年記念パーティー」 が行われ、弊社のフロントエンドに携わるエンジニア3名で参加してきました。

atnd.org

CodeGridというのは、株式会社ピクセルグリッドさまが運営する、フロントエンドの技術マガジンです。
詳しくは以下をご覧ください!

www.codegrid.net

続きを読む

今年も開発合宿に行ってきました

f:id:sakaryu02_u:20180511174900j:plain

こんにちはシステムユニットのさかいです。

5/7(月)~5/8(火)にUUUM攻殻機動隊のエンジニア達で開発合宿に行ってきました。

場所は都内から車で2時間弱、湯河原にある「おんやど恵」という旅館で、 一昨年の開発合宿でもお世話になった温泉旅館です。 ここの旅館は、前回行った際のブログにも書いてますが、

・都内から2時間程の近さ
・高速wi-fi環境
・24時間使える会議室
・天然温泉

といった魅力があり、私たちもリピーターとしてまたお世話になりました。

旅館紹介

今回お世話になった旅館「おんやど恵」ですが、実は開発合宿用のプランを用意していることで有名で、私も初参加でしたがとても集中して開発することができました! 簡単に紹介します。

続きを読む

社内勉強会でサービスクラスがなぜ存在するのかについて紹介しました

nazoです。

最近はUUUMもエンジニアを含む開発チームもメンバーが増えてきました。メンバーが増えてきた時に、どうしても技術力にムラがある(単純に高い低いという話ではなく、得意な点や考え方が個人により異なるということ)という問題が生じます。

個別の細かい技術についてはその場で説明すれば良いのですが、「設計」と言うと単純に説明するのは難しく、そもそも人によって考え方にも違いがあります。とはいえここは抑えておいてほしいというところはあるので、社内で勉強会を開催して説明した内容を社内向け文書も兼ねて公開したいと思います。

今回は「サービスクラス」の作り方について紹介したいと思います。サービスクラスという概念はバックエンドに限らず、フロントエンドやその他様々なアプリケーションで応用できる概念かと思います。資料には例外についての記述もありますが、ここでは取り上げません。

以下は資料を補足するような内容になります。本件は「DDDの一歩手前」くらいの内容と捉えています。またサービスクラスの使用を強制するものでもありません。

続きを読む